先日ついにDVD化された人生、ブラボー!

カナダで大ヒットした人情コメディ映画大いなる休暇を監督したケン・スコットの第2作目。第1作目がとても面白かったのでの今作も期待してましたが、またまた笑いあり涙ありの人情コメディ傑作でした。

過去に行った693回の精子提供を通じて、ある日突然533人の子どもの父親だと告げられ、さらにその中の142人の子どもたちから身元開示の裁判を求められた42歳、独身のダヴィッド。はじめは「そんなこと冗談じゃない!」と友人の弁護士と匿名を守るため裁判の準備を始めるのだが、ふと1枚だけ見たプロフィールに、なんと自分の応援するサッカーチームのスター選手が!「こいつが俺の息子だったのか!」
これがきっかけで興味を持ち、身元を隠して子どもたちを逆訪問することに。そこには、それぞれの人生を生きる子ども達の姿があった。そんな彼らに対して何かしてあげたいという気持ちからダヴィッドは変わり始め、自身の正体を明かしたいと思い始めるのだが…。

参照:『人生、ブラボー!』公式サイト



映画の終盤、子どもたちとの身元開示請求に対して答えを出す期限が迫ってきたデイヴィッドが「人生に一度くらい正しい判断したい」と父に相談するシーンがあります。

人生何をやってもうまくいかなくて誇りを失っている息子に対して父は「おまえは勉強もスポーツもできなければ、仕事もまともにできない。でもおまえは誰にでも好かれる。」さらに「俺は子どもたちとの時間を失ってまでお金を稼ぐことをしなかった。だからいまでも貧乏だ。でも子どもたちこそが人生の最大の収穫だった。」と告げます。



その言葉が彼の背中を押すことになります。

道に迷って自信がなくなったときは、誰かに背中を押してもらいたいですよね。もし今迷子ならぜひ『人生、ブラボー!』を観てください。きっと気分が晴れてスッキリしますよ。

作品名:人生、ブラボー!
DVD発売元:コムストック・グループ/クロック・ワークス
DVD販売元:パラマウント ジャパン
価格:4,179円(税込)
発売日:2013年07月12日発売(発売中)
(C) 2011 PCF STARBUCK LE FILM INC.

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense