SHARE

世界の郷土菓子に魅せられたひとりの日本人青年が、世界各地の郷土菓子を食べ歩きながら自転車で世界横断の旅を続けています。

郷土菓子研究社」を主宰する彼の名前は林周作氏。1988年京都生まれの25歳。フランス・イタリア料理を学んだあと、京都のパン屋に勤務。その後、郷土菓子の魅力にとりつかれ、様々な国を旅しながら郷土菓子の研究をはじめます。

ヨーロッパ各地に眠る郷土菓子を探求するために2011年渡仏。フランスをベースにヨーロッパの郷土菓子を食べ歩いたのち、2012年6月パリを出発。1年半をかけてヨーロッパからユーラシア大陸、その東の果ての上海を目指して今も旅を続けています。

旅先から更新される世界の郷土菓子は、その味を想像することもできない初めて見るお菓子ばかり。現地の人の活き活きとした表情と共に、リアルな写真と彼らしい言葉で楽しく紹介されています。また、「The Pastry Times」という郷土菓子専門フリーペーパーを毎月10日に発行。その土地土地で出会った郷土菓子の真面目な考察から、旅の面白おかしいエピソードまで盛りだくさん。



アゼルバイジャンの焼き菓子。



トルコの揚げ菓子と店番の少年。



トルコの発酵飲料ボザ。



ジョージアのドライフルーツ。

好奇心と行動力に溢れた、未来のパティシエ林くんの旅をぜひサポートしたいという方は、こちらで詳細をご確認ください。

林君の今後の活動が楽しみです。Good Luck!

郷土菓子研究社

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense