SHARE

アメリカのオハイオ州シャンペイン郡の図書館に、返却期限切れの本が一冊戻ってきました。本の延滞は珍しいことではないですよね。でもその本の返却期限を確認した職員はビックリ仰天! なんと、その期限は1972年7月17日だったのです。41年遅れですね!

図書館の職員たちをさらに驚かせたのは、本に添えられた一通の手紙と延滞金でした。手紙には、名前なしで次のように書かれていました。


“Sorry I’ve kept this book so long but I’m a really slow reader! I’ve enclosed my fine of $299.30 (41 years – 2 cents a day). Once again, my apologies!!”

「返却が遅くっちゃって本当にゴメンなさい!私、スローリーダー(読むのが遅い人のこと)なんです! 1日につき2セントで41年分の延滞金、計299ドル30セント(約3万円)を同封します。本当に申し訳ございませんでした!!」

スローリーダーってとこがちょっとおもしろい!「そっか、それならしょうがないな」ってなりますよね。

図書館の責任者タイ・ヘンダーソンさんは、「延滞している本を返すのに遅すぎるということはありません」と公表。「返却した人はとても正直者だと思います。ただ本を返しただけでなく、きちんと延滞金も支払ったのは素晴らしいことです」と、延滞を批判するよりもむしろこの行為に感激している様子です。

41年遅れで返却されたこの本のタイトルは『The Real Book About Snakes』。Snake(スネイク)は英語で蛇、その他にも反逆者、噓つき者などという意味ももっているのです…。本を返却した人の真意が気になりますね。

Huffington Post

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense