ビールの醸造中にコーヒー豆を漬け込むことで、コーヒー豆の苦味と風味が味わえるコーヒービール

こちらは、東日本大震災の被害を受けた気仙沼市の「アンカーコーヒー」と、一関市の「世嬉の一酒造」が共同で開発したビールで、その瓶のデザインは、数々の話題作を生み出し、世界的に注目されるデザインオフィスnendoが担当したのだそう。



コーヒー豆の形の小さなラベルを1本1本手作業で貼っているので、まさに世界に1本だけのビール瓶デザインとなっていますよ。こちらで購入することができます。

さて、どんなお味なんでしょう。

coffee beer [URDesign Magazine]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense