デザインの良さはもちろんわかりますよ。だけど、それ以上に気になるのが仕組み。

なんで各段が斜めなのにちゃんとバランスとれてるの? どうして本を入れても倒れないの?



コロンビア生まれでアメリカを基点に活躍するデザイナーAlejandro Gomezさんがデザインした「Equilibrium」は、モジュールを斜めに積み上げているのにしっかりと安定している摩訶不思議なブックシェルフ。



みっちり本を入れても、多少揺れるけど、どの段も倒れません。なんだかイリュージョン。



アップで見てもよくわかりません。タネや仕掛けはどこにあるのか。

動画で観ても、いまいち仕掛けが分かりません。



どうやら接合部はスチールジョイントになっていて、本の重さにもバランスよく耐えられる強度を持つ仕様になっているようです。動画を見ると下の段の天板に細い溝が見えますね。きっとそこが上の段の角と設置する際に、互いのスチール金具がしっかりとかみ合うようになっているのではないかしら。

答えを知りたいので、どなたかこのマジカルな本棚、買って教えてください!

Equilibrium [MALAGANA]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense