もし骨折してしまったとしたら…。

そんな時には、ギプスをつけることになるかと思います。でもこのギプス、装着している期間中は、部位を洗うことができないため、ムレてかゆくなったりしてしまうのが悩みどころ。



そんな状況を打破してくれるのが、ニュージーランドのデザイナーであるJake Evillさんがデザインした「CORTEX」。

このギプスは、骨折した部分のX線写真、3Dスキャンデータを元に、3Dプリンターで作られており、患者さんの腕にピッタリフィット。強力にサポートしてくれるとのこと。



シャワーを浴びることができるので、清潔な状態を保つことができます。通気性もいいので、ムレないし、かゆくならない!

もちろん、石膏製のギプスより軽いのもいいところ。

治療中の患者さんの辛さや不快感を軽減するアイデア。製品化される日が待ち遠しいですね!

3D printed Cortex exoskeletal cast [WordlessTech]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense