音の高低、すなわち周波数の違いは、耳だけでなく目でも確認できるんですね!

メタルプレートにトーンジェネレーターを設置し、砂をかけます。音がプレートに反響して振動し、特に振動しない部分に砂が集まって共鳴のパターンを模様として生み出すという「クラドニプレート」と呼ばれる実験手法で、このような美しい音の姿を見ることができるのだとか。

Youtubeユーザーbrusspupさんのillusions and science動画シリーズの一つ。理科の実験が懐かしくてたまらなくなる、楽しい映像です。

The Visual Patterns of Audio Frequencies Seen through Vibrating Sand [COLOSSAL]
Amazing Resonance Experiment! [YouTube]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense