子どもが描いた絵が家具になったら、ちょっと楽しい。

実際に、子どもの描いた絵が3Dのぬいぐるみになる「crayon creatures」というサービスもあり、少し前に話題になりましたが、今回ご紹介するのは、デザイナーである、Jack Beveridgeさんと Joshua Lakeさんによる「子ども用家具プロジェクト」。



地元の小学校の協力を得て、7,8歳の子どもたちに自由に「イス」をデザインしてもらい、実際に設計図を起こして形にしたのだそう。



子どもたちが想像してデザインした「こんなイスがあったらいいな」を、プロのデザイナーが本物のイスに仕上げる。

こんな貴重な体験は、きっと大人になってもすばらしい想い出になりますね。もしかしたら、将来的にはこんなサービスも生まれるかもしれません。

子どもたちの可能性が広がるプロジェクト。大人も参加できたらいいのにな。

children’s drawings made into furniture [designboom]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense