SHARE

上の画像は、11本のマッチでつくられた家に見えるかもしれません。しかし、マッチが黒く焦げているところをよーーく見てください。

もう少しズームしてみた他の画像を見てみると…。わかりますか?



黒く焦げている部分をさらにズームしてみると…。



そうなんです。このマッチ、黒く焦げているところが、「人の顔」になっているんです!

こちらは、ドイツのアーティストのWolfgang Stiller氏による作品。その滲んだ悲痛な表情はとてもリアルで、見た瞬間、何とも言いがたい気分になってしまいます。



ちなみに、このマッチ箱はわざと開けたままにしているんだそう。想像力のためのスペースを残しておくためだそうです。



その様子は、まるで顔が焼かれて動けなくなって倒れているかのよう。これを夜に見たり、初めて見た人には少々刺激が強いかもしれません…。正直、怖いですよね。

最後に、この作品についての紹介ムービーです。

current work [Wolfgang Stiller]
Wolfgang Stiller [KIAF2012]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense