SHARE

なんだかミラーボールのように煌びやか。



Ballroom Luminoso」は自転車のスチールパーツとLEDを組み合わせて作られた、まさにパーティー会場にピッタリのようなライトボール




パーツとパーツが重なり合って生まれるランダムな隙間からこぼれるLEDの光が作り出す、とてもエキサイティングな空間。



パブリック・アートを手掛けるチームJoe and Blessingによる作品で、テキサスの高架道路下をまるでボールルームのように演出してしまいました。



夜ももちろん綺麗なのですが、昼間の明るさの中で見るライトボールそのものもなんとも美しい。



捨ててしまう部品を使って様々なアートが生み出せるというのも素晴らしいことですね。

BALLROOM LUMINOSO [Joe O’Connel + Blessing Hancock Public Art]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense