画期的なキャンプガジェット!

キックスターターでの大成功で誕生したプロダクト「PowerPot」。実はこのポット、お湯を沸かすと同時に電気も作れてしまうとのこと。しかも、見た目はキャンプでよく使いそうな普通のポット。大掛かりな装置は何も必要ありません。

秘密はポットの底の薄い板。この板が「直火の面」と「水が接する面」との温度差を利用して発電するとのこと。その板から延びる配線をコンバーターにつなげるだけでスマホの充電などが可能となります。




発電板や配線がむき出しなのもこのプロダクトの特徴。余分なカバーをつけて大きくなるぐらいであればこれでいい気がします。もちろんコードは防炎仕様なのでご安心を。キャンパーやバックパッカーにはもちろんのこと、災害時などのいざというときにも役に立ちそう。

公式サイトから購入も可能。ポット単体で149ドル、全て込みのセット価格は189ドル。詳細はコチラをご覧ください。

音楽プレーヤーにもカメラにもなるスマホはキャンプには欠かせない存在。これがあればもしものときも安心ですよ。

[thepowerpot]
[ThinkGeek]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking