窪田絵理

窪田絵理

145

おうちでフレッシュハーブを育ててみたいけど、スペースに余裕がなくて諦めていませんか?

壁を利用したハーブガーデン「Free Standing Vertical Garden」なら、スペースを有効活用して小さなハーブガーデンを作ることができます。



プランターが空っぽの状態です。

モイスチャーテクノロジーを使用したマットの働きで、水がまんべんなく廻るようになっています。このシステムはお水を1クオート(約950ml)入れることができ、底にあるトレーで無駄な水をキャッチします。トレーに溜まった水は簡単に取り出せて、お手入れがしやすい仕組みです。

その灌漑システムはリサイクルされたジュートやココナッツの繊維でできている、というエコな側面も。


黒板バージョンも同じ素材とつくりになっています。


家の中だけではなく、外の壁にも設置できて、簡単にハーブ栽培ができるそう。


形も素材も豊富なので、お部屋のインテリアとして選ぶことができます。

お料理しながら、振り向くとハーブ畑で収穫。おいしいご飯が作れそうですね。

キッチンショップ「Williams Sonoma」で販売中です。海外への郵送はないとのことですが、類似のアイデアとして、壁掛け式シューズオーガナイザーを使ったり、プランターを上から吊るすという方法もありますよ。

Free Standing Vertical Garden [Williams-Sonoma]
Chalkboard Wall Planter [Williams-Sonoma]
145

窪田絵理

NY在住20年のベイビーブーマー。もうすぐ博士課程を卒業。専攻は臨床健康心理学。「病は気から」を研究する学問です。既にセラピストとして、認知行動療法などを介入して活動中。心と体に作用する、瞑想、霊気、タロット、アロマセラピーなどをセッションに用いています。通訳や翻訳の仕事も大好き。最近はセックスセラピーもしようと思案中。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking