お庭がない家でもガーデン気分が楽しめます。

こちらのリビングテーブルは園芸学と環境心理学を追及するHabitat Horticulture社によって出がけられました。都会生活に植物をうまく取り込むことで、人間の心理へどんな影響を及ぼすのか、ということを念頭にデザインしています。

テーブルの特徴は灌漑(かんがい)システム。植物が土から水を取り込む仕組みがこのテーブルの中に再現され、水やりを最小限におさえることに成功しました。



水やりは月に1度でOK。植物本来の循環に任せるだけで、自然に育ちます。


素材にはステンレススチールと強化ガラスを採用。ローカル産業への還元も考慮して、本社のあるサンフランシスコのベイエリアで特注されています。

形、基本色、木のフレーム部分などをカスタマイズできるので、オリジナルのテーブルが作れますよ。

おうちはもちろん、オフィスに置くと心が和んで商談も穏やかに進むかもしれませんね。

Fill Your Home With Greenery With The Living Table [Design Milk]
Living Tables [Habitat Horticulture]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense