この愛嬌あるシルエットがたまりません。

kickstarterで公開中の電動キックスクーター「Scrooser」。その最大の特徴は、インパクト抜群の極太タイヤ。まるで車ぐらいありそうな極太タイヤを使うことで、キックスクーターではありえない乗り心地のよさを実現しています。




シンプルなフレームと極太タイヤ。ミニマルなデザインなのに、どこか愛嬌のあるシルエットは「都会的な乗り物」といった印象。省エネモードでは25日間使用できるバッテリーを搭載しており、見た目だけでなく実用的な面も併せ持っています。

2年間の開発を経て現在kickstarterでキャンペーン中。その一台のお値段は4000ドル以上と、なかなかのお値段にもかかわらず、全て売り切れるほどの人気ぶり。これは今後の商品化も期待できそうです。

とはいえ、キックスクーターですら「玩具」としてしか利用できないのが日本の現状。日常で使うにはいろいろと問題がありそうですが、いつかは動画のように街中をさっそうと乗り回してみたいものです。

Scrooser [kickstarter]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense