河原田長臣

河原田長臣

フルサイズのコンデジに新しい選択肢が!

ソニーがフルサイズセンサーを搭載したデジタルカメラ(レンズ一体型)「サイバーショットDSC-RX1R」を発表しました。去年ソニーは、世界初となるフルサイズセンサーを搭載したレンズ一体型デジタルカメラ「サイバーショットDSC-RX1」を発売しましたが、今回のモデルはDSC-RX1からローパスフィルターを除いたものになります。

ローパスフィルターというのは、格子状の模様を撮影した際に、モアレや偽色が現れるのを抑えるために搭載されているのですが、解像度が落ちてしまうというデメリットも持ち合わせています。



今回の新モデル「DSC-RX1R」では、そのローパスフィルターがないため、よりストレートな表現が可能になるようです。

またレンズはCarl ZeissのSonnar T*(35mm/F2)が搭載されます。ゾナーがローパスレスでどのような描写をするか、楽しみですね。

発売日は7月5日で、価格は25万円前後になるそうです。

画像素子:Exmor CMOSセンサー(フルサイズ)
有効画素数:2430万画素
レンズ:Carl Zeiss Sonnar T*(35mm/F2)
ISO感度:ISO50〜25600
その他:ローパスレス、ストロボ内蔵



さらに、コンパクトデジタルカメラ「サイバーショットDSC-RX100 M2」も発表されました。



1型センサーが搭載されたコンパクトデジタルカメラ。こちらもレンズはCarl ZeissブランドのVario-Sonnar T*(28-100mm/F1.8-4.9)が搭載されています。

画像素子:裏面照射型CMOSセンサー(1型)
有効画素数:2020万画素
レンズ:Vario-Sonnar T*(28-100mm/F1.8-4.9)
ISO感度:ISO100〜12800
その他:WiFi対応、スマートフォン連携、USB充電対応



こちらも発売日は7月5日、価格は7万5000円前後となるそうです。


Zeissのロゴが輝く2つの高級コンデジ、あなたならどっち?

DSC-RX1R, DSC-RX100 M2[SONY]

河原田長臣

GIZMODO JAPAN編集部翻訳担当からroomie編集部に。大学では海洋工学を専攻、音楽はマーラーやレスピーギ、ロックやダブステップと幅広く愛し、写真好きでカメラはLeica Mマウント、iPhoneよりもBlackBerry、プロジェクション・マッピングが大好物、という編集者。フランス人とアメリカ人とルームシェアしています。出身は滋賀県。ラブ琵琶湖。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking