よく見ると、アルファベットで描かれていることには気付きますが、まさかそれらすべてが、そのものの名前で構成されていたとは。



スウェーデンのアーティストTHOMAS BROOMÉさんの作品「ModernMantra」シリーズは、例えば椅子なら「CHAIR」、テーブルなら「TABLE」といったように、モノそのものの名前で描かれたアルファベット・ドローイングアート。



濃淡も文字の密度で表すという芸の細かさが素晴らしいですよね。「CUE」なんて見事です。



これ、日本語でも描いてみたら面白いかも!

modernMantra [THOMAS BROOMÉ]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking