SHARE

さわやかな香りで、お部屋の空気を浄化してくれるという、オーストラリアのプリザーブド・ワイルドフラワー

地球上で最初に酸素ができたといわれる西オーストラリアに生息し、先住民のアボリジニも薬草として用いたワイルドフラワーを、独自の製法でプリザーブド加工したものです。一般のプリザーブドフラワーと違って生きたまま加工しているため、植物本来の香りや質感を楽しめて、空気中の水分だけで1年以上も生き続けるんです。

ワイルドフラワーにはたくさんの種類があり、それぞれ違った癒しのエネルギーがあります。上の写真は現地に咲くピンク・エバーラスティング・デイジー。感受性を高める力があるとされています。

私はユーカリのさわやかな香りが大好きで、リースにしたり、花瓶にさしたりして、家のあちこちに飾っています。仕事中、手にとって香りをかいで気分転換に役立てることもしばしば。



丸みのある葉っぱのユーカリ・バルバレンタは、ナチュラルテイストのお部屋にもマッチ。トイレなどの水周りの浄化にも適しています。

ポコ・フラワーヒーリング・アカデミーでは、この時期におすすめのアレンジメントを制作しています。モヤモヤとした頭をすっきりさせてくれ、安眠を誘うバンクシア、ストレスを癒すティートゥリー、柔らかい質感のラムズウール、そしてユーカリを使用した作品は、すっきりとしたカラーにも癒されるはず。



お天気に加え、春からの新しい仕事や人間関係による疲れを感じている人には、とくにおすすめだそうです。お値段はアレンジメント(約H26×W21cm)が6000円、自作キットが5000円(送料込。離島、沖縄、北海道は送料別)。

植物の香りや美しさを楽しみながら、大地のエネルギーを体いっぱいに取り込んでみては。

オーストラリアのプリザーブドフラワー ポコ・フラワーヒーリング・アカデミー

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense