SHARE

誰が何と言おうと未来。

まさにそんな言葉が似合いそうな橋のデザインコンペ作品「INFLOWING Bridge」は、私たちが常識的に思い描く橋のイメージを覆す、流線形のコンセプト。



バイオ的でしかも宇宙的。ありきたりの言葉では言い表わせないような独特の形状は、単に渡るためという考え方ではなく、橋を渡るという行為そのものに楽しみとある種の高揚感を与えてくれる斬新さ。



歩行者用通路の上を自転車専用通路が渡るという二層のシステムも画期的。こんなデザインの橋があったら、これを渡るためだけに世界中から観光客が集まってきそうです。



アムステルダムの歩行者用ブリッジデザインコンペに提出された、建築デザイナーズスタジオAmniosyAの作品です。

橋だって未来に行きたいよね。

INFLOWING Bridge | AmniosyA [arcH2O]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense