もうすぐ、海やプールの季節がやってきますね。

水遊びはとても楽しい半面、水難事故のニュースは後を絶ちません。そして、そんな悲しい事故を少しでも防げればと、ノースカロライナで救命医をしているGraham Snyder氏が考案したのが、子どもが溺れたら警告をしてくれるシステム「SEAL」です。



子どもが着用するSealバンドと大人が着用するガードバンド、それに携帯用ハブユニットがあり、この3つは常に無線で通信しています。



もしバンドの1つが、あらかじめ設定した水面から数センチ以下の深さに達したときは、そのバンドは他のデバイスとの通信が切断され、大人が持っているガードバンドに警告が発信されます。

そしてカウントダウンが始まり、その途中にSealバンドが水面に上がってくれば元に戻り、もしそのまま沈んでいるようならば、音、振動、光で警告を続けてくれるというもの。

泳力や水に潜っていられる時間は人によって異なるので、どれくらいの時間水中に潜っていると警告が発信されるかは、個々のバンドに4つの設定から選択することができるのだそう。

大人が近くにいるにもかかわらず、水の事故で亡くなったお子さんをGrahamさん自身が見てきた中で、このシステムを考えたとのこと。


子どもたちの命を1つでも多く守ることができるアイデア。ぜひ実現してほしいものです。

The SEAL [gizmag]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking