これって、どうなんだろう?

そんな疑問や妄想は誰でも持っているものかもしれません。そして、それを実際に計算して、検証しているサイトが「Stupid Calculations」。

今回ご紹介するのは、「これまでに購入されたiPhoneの画面をつなげてみたら、どれくらいの大きさになるか」の疑問に答えてくれる検証結果。

2007年のリリースから、現在までに、購入されたiPhoneの数は、およそ3億5229万2000台。

その画面の大きさは、iPhone 4Sまでは3.5インチとして計算し、iPhone 5からは、4インチで計算してみると、高さ約1542m、幅約867mになるそう。



これは、ワールドトレードセンターの跡地に間もなく立つ予定の「One World Trade Center」の3倍の高さに相当するのだとか。

実際にこんなビルがあったら、周辺が全部、日陰になりそうです。それぐらい、とにかく巨大!

このサイトでは、他にも「プールの水を飲むのにかかる時間」など、誰でもが思いつくけど、そのままにしてしまうような疑問を、真面目に検証しています。

これから、このiPhoneの想像上のビルは、どれくらい大きくなっていくんでしょうね。

STUPID CALCULATION Nº 1: MONOPHONE [STUPID CALCULATIONS]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense