上に見えるのは、ポップカルチャーにおいて最も印象的なロゴの一つと言っても過言ではない『スター・ウォーズ』の初期ロゴです。そんなディズニーブランドのこのフランチャイズ、今でこそ統一されたロゴですが、遠い昔はかなり数多くの別バージョンのロゴが使われていました。

以下で、その変化の歴史をご覧ください。


名称からして元々「The Star Wars」だったものから「Star Wars」へと代わり、フォントもFuturaからHelveticaに。昔からのファンの方ならば、映画1作目である『エピソード4 新たなる希望』の初期のプロモーションに使用されたロゴには、複数のバリエーションがあることは(当初は「エピソード」の表記もなかったことも含め)ご存知でしょう。

現在のロゴに近いものになったのは、ジョージ・ルーカスさんに依頼されてスージー・ライスさんがデザインしてからです。ルーカスさんに「とてもファシストな」感じのロゴを頼まれて、作られたのが現在まで使われているHelveticaベースのロゴです(英語で書かれたロゴが出来上がるまでの詳しい話はライスさんのウェブサイトで読めます)。

その他の進化の詳細は「Kotaku JAPAN」の以下の記事からお楽しみください。

『スター・ウォーズ』ロゴの進化と歴史 abcxyz [Kotaku JAPAN]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking