うむ、これはちょっと楽しいアイデアかも。

毎日お酒を飲む人のために考えられたパッケージは、薬の処方箋にインスパイアされたデザイン。Peter Jostrandさんのコンセプト作品です。

月曜日はこのお酒、火曜日はこのお酒、というように「今日飲むお酒」が視覚的にわかりやすいパッケージ。

ちなみにアルコール度数は、月曜日は3%からスタートし、金曜日に向かって、どんどん上がっていき、金曜日は8%のお酒を飲むことになります。体を慣らしていって、最後は強いお酒を楽しむということでしょうか。

日曜日は休肝日に設定されているので、用意されているお酒は月曜日から土曜日の分まで。

もっと飲みたい・・・でも、今日の分はここまで。そんなふうに「また明日」を楽しみにできますね!

Prescription Pilsner [Packing Of The World]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking