一瞬、頭が混乱してしまいそうなこちらの画像。実はアーティストのEVOL氏が手がけた「段ボールに描かれた絵」とのこと。スゴすぎ!

段ボールの色とテクスチャーを残しつつ、その上に超写実的に描かれた建物たち。光の加減や窓の質感など、そのリアルさといったらまるで写真をくっつけてるような印象です。

わかっていても目を疑うリアルさです。

これらの絵はスプレーを使ってペイントされています。パキッとした部分だけではなく、ぼかしやコントラストの差などを上手く利用して絵に奥行きを演出。また、段ボールの使い古した風合いとビルのうす汚れた感じなども絶妙にマッチ。段ボールということを忘れてしまうほど、違和感が全くありません。

まるで絵の中の窓が開いて、人が顔を出してきそうです。

CARDBOARD ART BY EVOL [juxtapoz]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense