130531ECSF01

SHARE

子供に発生する悪性腫瘍のことを「小児ガン」といい、今でも多くの子供たちがこの病気と闘っています。以前は「不治の病」とも言われていた小児ガンも、現在では化学療法、放射線療法などの発展に伴い「治る病気」になりつつあります。

しかし、感受性豊かな子供達にとって小児ガンとの闘病は、大人には想像もつかないほどの「心の強さ」が求められます。

ブラジルのガン治療センター「A.C.Camargo Cancer Center」は、そんな小児ガンを治療するにあたって、子供たち自身が「病気は絶対に治る」と信じることが何よりも大事だと考え、あるアイデアを思いつきます。それは「Superformula」という化学療法のときに使う点滴カバーの制作でした。

このアイデアは、映画配給会社のWarner Brosの協力のもと、スーパーマンバットマンといった実在するキャラクターが悪の組織に捕まり「ガン細胞」に苦しむという特別シリーズのアニメとコミックを制作することから始まります。

そして、ヒーローたちはその「ガン細胞」を治すために子供たちと同じように投薬治療を受けます。そのとき、ヒーローたちが医師から与えられたものが「Superformula」という魔法の薬というわけです。

このカバーを使うことで、子供たちにはコミックの中に登場する「Superformula」というアイテムを手にすることができるというわけです。

例え病気を治すための「抗がん剤」であっても、子供たちにとっては苦しい副作用を引き起こす「嫌な薬」と考えてしまうのは当然のこと。しかし、この病院の看護師のコメントでは、子供たちもこの「Superformula」を通して化学治療がどういったものかを理解し始めているとか。

この試みは、子供たちを「スーパーヒーロー」だと思い込ませるものではなく、病気と闘う子供たちこそが「本物のスーパーヒーロー」なんだと気づいてもらうためなのかもしれません。

Hospital A.C.Camargo Cancer Center: Superformula [ibelieveinadv]

130531ECSF01

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense