SHARE

キヌア(quinoa)とは、健康的なダイエットや体調管理に適する、栄養価と栄養バランスに優れた南米産の食材です。キヌアは南米産の穀物で、その栄養バランスのよさとコストの低さ、コレステロールを下げる効果などから「完全食品」と称されるスーパーフードです。




図をみても分かるように、この半端のない栄養価の高さ。キヌアは通常の精白米と比べて2倍のタンパク質、5倍の良質な脂質、8倍の食物繊維、6倍のカリウム、10倍のカルシウム、7倍のマグネシウム、7倍のリン、8倍の鉄を含みます。

また、体内で合成できず栄養分として摂取しなければならない必須アミノ酸(アミノ酸スコア85)のバランスも牛乳に匹敵するほど良質です。(※参照

そんなスーパーフードのキヌアを使ってサラダを作ってみましょう!

キヌアは日本にもだいぶ普及してきています。お豆屋さん、オーガニックストアやアマゾンで手に入りますよ。


【材料】

■キヌア
・さつまいも(中1~2本)
・キヌア(1カップ)
・ブイヨン(1個)
・にんにく(1~2個)
・えだまめ(1カップ)

■ドレッシング
・オリーブ(中、2/3カップ)
・ミントの葉(1/3カップ)
・メープルシロップ(大さじ1)
・ライム(1個)
・塩(少々)
・黒こしょう(少々)



南米では炊飯器ではなく鍋やフライパンで料理しますが、テクノロジー大国の日本ということで、今回は炊飯器を使います。1カップのキヌアに1カップの水、ブイヨン、にんにくをそのまま入れてスイッチオン。白米モードで大丈夫です。



キヌアが炊きあがる間にサツマイモを切り、10分ほど茹でます。枝豆も皮を剥き、柔らかくなるまで茹でます。



炊きあがったキヌアはこんな感じです。まるでお米のようにモチモチに仕上がりました。よくかき混ぜてふわふわにします。



次はドレッシングです! 材料をすべてミキサーにいれます。ライムはしぼっておきましょう。



ミントとオリーブの香りでいっぱいです! いいかんじに出来上がりました。



サツマイモ、枝豆、キヌア、ドレッシングをボールに入れてよく混ぜます。



プチプチなキヌアの食感がたまらなくおいしいキヌアサラダが出来上がりました! ヘルシーで栄養満点のこのスーパーフード、ぜひ作ってみてください。

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense