洞窟というと、薄暗かったり、場所によっては少し不気味な印象を受けるかもしれません。でも美しく幻想的、そんな洞窟もたくさんあるんです。その中の1つ、ニュージーランドのWaitomo Glowworm Caves(ワイトモグローワーム洞窟)は、1887年に発見された洞窟。



ここには、土ボタルが生息していて、なんと天井一面が青白い光を放つ、まるで満天の星空のような光景を見ることができるのだそう。この土ボタルを見るツアーやラフティングツアーなどが人気の観光スポットなので、もう行かれた方もいるかもしれませんね!

ちなみに「土ボタル」といっても、私たちがよく知る「ホタル」ではなく、実はヒカリキノコバエというハエの幼虫なのだとか。

そう聞くと、ちょっとトーンダウンしてしまいそうですが、でも、こんな風に自然が作り出す光は、幻想的。それに、ふんわりとした光に包まれたら、なんだか癒されそうです。

Waitomo Glowworm Caves, New Zealand [Amusing Planet]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense