SHARE

現代を生きる私達におすすめなのが「プチ断食」。たった1日でも食べ物を体内に入れない日を作ると、心と体にさまざまな効果があるそうです

一般的に得られると言われている効果は、以下の通り。

においに敏感になる。自分に合う食べ物がわかる。本能的な直観力が高まる。五感が研ぎ澄まされ、頭脳が冴えわたる。脂肪の燃焼が高まる。排泄が良くなる。

体のあらゆる不調が解消。今まで消化・吸収に使っていたエネルギーが老廃物の排泄に使われ始めて、全身の細胞内で大掃除が始まるそうです!

では、初心者でもできるプチ断食のやり方を紹介します。

<1日目>少しずつ食を減らす
朝食はいつもの8割程度、昼食は6割、夕飯は5割に食事を減らしていきます。油ものと糖分を控え、動物性食品は避けましょう。

<2日目>飲み物だけを取る断食日
リンゴジュース、ミカンジュース、梅しょう番茶やきのこスープなど、なるべく体に負担のかからない飲み物を選び、好きな時に好きなだけ飲むのがコツ。食べないというストレスを感じている分、リラックスすることを心がけましょう。空腹が我慢できなくなった時にはストレッチ、深い呼吸を意識する、瞑想などがおすすめ。

<3日目>最も大事な復食日。いきなりドカ食いは絶対NG!
加減を見ながら徐々に食べる量を元に戻していきます。朝は白湯かお水。昼は消化にやさしいものをお茶碗1膳程度。夜は野菜を中心とした料理にします。

※断食中は内臓がいつもよりデリケートになっているのでお酒やコーヒー、タバコはやめましょう。

実際に体験した感想は、「マイロハス」の以下の記事よりご確認ください。

たった3日で無理なくできる! プチ断食のやり方 宮田茉貴子[マイロハス]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense