SHARE

どう見たって、何かの「巣」みたいですよね。

ビニールテープを緻密な計算によって交差させ、重ね合わせ、張り伸ばし、まるで未知の生物の巣のようなトンネルインスタレーションを生み出してしまう、Numen / For Useという名の3人組のアーティストユニット。



まるでスパイダーマンが作ったんじゃないかと思ってしまう、テープトンネルのインスタレーション作品を世界中で展開しちゃってます。



ちなみに上は、2010年にベルリンの空港で制作された「Tape Berlin DMY」という作品。

2011年にはオーストラリアのメルボルン、2012年にはベルギーのハッセルトなど、他にも様々な都市で制作しているそうです。



こちらのハッセルトの作品は、森の中にできた奇怪な巣のようですね。もちろん、人が入れます。

ネタ元サイトには、それら様々な作品の写真が並べられていますので、ぜひご覧ください。

Tape Berlin DMY [Numen / For Use]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense