130524ECMD01

SHARE

写真家Nolan Conwayはカメラを片手にアメリカ22州にある150店舗のマクドナルドを訪れ、そこに現れる180人もの「マクドナルドの常連客」を撮影しています。

彼はとくに「田舎」のマクドナルドでの撮影にこだわりを持っているとか。理由は「興味深い人物が多いから、貧しい人からお金持ちの人までいるから、そして他に行く場所がないから」とのこと。



みなさん個性的な方ばかり。

海外旅行をするとつい「マクドナルド」を探してしまうことがあります。見慣れたマークと馴染みあるメニューは安心感を与え、疲れた心を癒してくれることも。そして、そこには子供からお年寄り、人種や性別に関係なく、多種多様な人たちがいるため自分が観光客であることすら忘れさせられます。

どんな人たちにも好かれ、どんな人たちでも受け入れてしまう器の広さがマクドナルドにはあるような気がしますね。

Photos of the Variety of Characters You’re Likely to Run Into at McDonald’s [petapixel]

130524ECMD01

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense