130523ECg,a,r,d,e,n

SHARE

アクリルの中にまるで野原が閉じ込められているような定規「g,a,r,d,e,n」



以前ご紹介した「f,l,o,w,e,r,s」と同じく、studio noteのデザイナーである寺山紀彦さん自らが1本1本野の草を採取して、ていねいに作られているのだそう。

この草たちは、きちんと1cm間隔で配置されているので、1メモリ1cmとして、実際に長さを測ることができるんです。

春夏秋冬で野に生える草の顔は変わってくるので、この定規もその季節によって、色合いや葉っぱの雰囲気が変わるんですね。もちろんどれも世界に2つとない定規



春の定規、夏の定規、秋の定規、冬の定規と揃えると、また楽しそう。

定規として使うだけでなく、デスクなどに置くことで、室内でありながら、自然を感じることができるオブジェにもなる。

文房具は機能的であればいい? 本当にそうなのかしら。

そんなふうに思ってしまうほど、心をギュッとつかんで離さない、世界で一番ナチュラルな定規なのでありました。

ご購入はコチラから。(2013年5月23日現在は売り切れです。ぐっとこらえて待ちましょう!)

g,a,r,d,e,n [studio note]

130523ECg,a,r,d,e,n

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense