一体、何が生まれるのでしょう。

今にも何かが生まれてきそうなこのランプは、ドイツのミュンヘンを拠点に活躍する、Ingo Maurerさんのデザイン。最初にひび割れたたまごのランプが紹介されたのは、1996年のことだったのだそう。


その時には、テーブルランプの形をしていました。



おや!? 中に誰かいる! それから進化し続け、この姿になりました。

タマゴのコロンとした形は可愛いのですが、そこにひびが入っていることで、新しいものの誕生、再生、未来など、色々な可能性を感じさせるランプ。

中から漏れる光に、なんだかワクワクしてしまいますね。

Cracked Egg Lamp Inspires New Architectural Designs [My Modern Metropolis]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking