1985年のテンポラリー・リビング・コンペティションにエントリーされた、こちらの仮設住宅「De Markies」は、設置してからものの数秒で床面積が3倍に広がる、トランスフォーム型のコンビニエンス・デザイン。



1996年にはロッテルダムデザイン賞パブリック賞を受賞しています。



トレーラーサイズですので、簡単に移動できる宿泊施設として活用できる分野がたくさんありそうです。



2メートル×4.5メートルの3倍ということで、約8坪強。16畳分の広さになる、ということですね。これは広い。



被災地にも、そしてレジャーにも。壁を倒してくつろげるスペースを拡張でき、ゆっくり過ごせる空間を作れそうです。

こういうプロダクト、日本でも欲しいですよね。

 

Markies [BOHTLINGK]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense