SHARE

何度見てもぐっとくるサプライズです…!

米時間16日に行われた、MLBタンパベイ・レイズ対レッドソックスの試合。始球式にのぞんだのは9歳のアレイナちゃんでした。

彼女のお父さんは、アフガニスタンに駐留している軍人のウィル中佐。その日彼女は、「米軍の家族の中から抽選で選ばれた」と言われてやってきたのです。

始球式前、球場の大型ビジョンでアフガニスタンに行ったまま2年も会えていないお父さんからのビデオメッセージが流れます。「深呼吸して、集中してね。楽しんで!」というお父さんからのメッセージを見て、緊張気味の顔でマウンドへと向かうアレイナちゃん。

立派に始球式をやり遂げた彼女が、ふとマスクを外したキャッチャーを見ると、なんとその人はアフガニスタンにいるはずのお父さんだったのです!

驚きの表情から、ぱっと喜びの笑顔へと変わり、お父さんへとかけよるアレイナちゃん。お父さんはそんなアレイナちゃんを力いっぱい抱きしめ、涙の再会を果たします。そんな感動の一部始終を、こちらの動画でご覧ください。

この素敵なサプライズは、米国軍人の慰問や支援を行うUSO(米国慰問協会)と球団によって計画されたもの。

きっと球場は、これ以上ない幸せな雰囲気に包まれたことでしょうね!

Father returns from Afghanistan to surprise daughter at the Rays game[Tampa Bay Times]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense