ランボルギーニが5月12日に発表したコンセプトカーが話題になっています。

フォルクスワーゲングループで、デザインを主導するウォルター・デ・シルヴァさんによってデザインされたコンセプト・モデル。創立50周年を迎えたランボルギーニの記念車の1つとして発表されました。



イタリア語で「利己主義者」を意味する「エゴイスタ」と名付けられたこの車は、シングルシーター、つまり一人乗りで、他の誰も乗せない、自分だけの車ということで、まさに名前の通り、エゴイストのための車なのだとか。



その姿は、攻撃に備えて頭と角を低く構えた力強い闘牛の姿をイメージして作ったそうで、流線型でもあり、カクカクした部分もあり、この2つが見事なまでに融合しています。



上から見ると宇宙船のような感じ!?



運転席は飛行機のコックピットのよう。

この車は「ランボルギーニがランボルギーニのために贈り物として製作したクルマ」ということで、一般に販売はされないようです。

実際に乗ることは叶いそうにありませんが、どんな走り心地なのか気になります。

うーん、未来的!

lamborghini egoista concept for 50th anniversary [designboom]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense