SHARE

ちょっとした水分補給には、冷たいものが飲みたい。でも、仕事のときやほっと一息休憩をしたいときには温かいものを飲みたい。そんな思いをかなえてくれるのが「Kool Aid Cup」。

タンブラー型の容器は真ん中で2つに分かれており、中は魔法瓶のような構造になっています。温かいものは温かいまま、冷たいものは冷たい温度がキープされるそう。

カップの飲み口を回すことで、温かい飲み物、冷たい飲み物のどちらを飲むか選びます。

普段使いから、ちょっとした外出や車の中、そしてアウトドアでも活躍してくれますね。たとえば、パパはコーヒー、子どもはお茶などと2人分の飲み物を1つのカップで持ち歩くことができそう。

こちらは、現在「2013 iF Design award concept design」にエントリー中とのこと。製品化されたら使ってみたいなぁ。

Kool Aid Cup [Yanko Design]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense