フォーマル過ぎないのに品がある、という絶妙なライン。

こちらは、オーダーメイドの印鑑ブランド「HOUSE OF HANCO」



マットな質感のゴールドがかっこいい。やわらかなフォルムはモダンながら、クラシカルなブレット(銃弾)にも見えます。磨かれた鏡面バージョンも手触りがよさそう。すべて職人の丁寧な手作業によってつくり出され、真鍮(しんちゅう)と錫(すず)を素材にもちいた6種類のボディから選べます。




オーダー後にタイポグラファーの大平善道さんが一点ずつ印面を制作。書体はbasic、line、curla、modernの4種類です。特に斬新なタイポグラフィーのmodernはまるでアルファベットのようなので、カジュアルなシーンでも使えそう。



専用のヒノキのケースに入って届けられます。

そういえばもうすぐ父の日ですね。センスがいい大人へのギフトにぴったりです。

HOUSE OF HANCO

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking