SHARE

おもしろい発想のスパイスグラインダー

ヨーロッパ生まれの料理で最も辛いのが実はハンガリー料理。そんなトウガラシをよく使うハンガリーのデザイナーが作ったのが「Paprikum」というスパイスグラインダー。

通常のミルやグラインダーは、歯車のような刃を噛み合わせてガリガリとスパイスを削るもの。しかし、この「Paprikum」は中にホールスパイスをセットして振るだけで粉々になったスパイスが先から出てくるというもの。



ナイスアイデア!

容器の中にはステンレスの球。振れば振るほどスパイスはその球によって細かくすり潰されるというもの。トウガラシはもちろん、ブラックペッパー、クミン、シナモン、または乾燥ハーブまでどんなものでも粉々にすることが出来るそうです。

こちらのプロダクト、2012年のハンガリー・デザイン・アワードの学生部門で賞を獲得。まだ製品化はされていないようですが、デザイナーのPéter Toronyi氏に直接オーダーすることも出来るそうです。詳細はコチラから。

数種類のスパイスを混ぜて一気に使えるところも便利ですね!

[Paprikum]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense