遂に、葉っぱを回す時代がやってきたのか。

DJがターンテーブルの上で、レコードをかけることを「お皿を回す」と言ったりしますが、まさに、葉っぱを回してしまっているアメリカはカリフォルニアのDiego Stoccoさん。



葉っぱで奏でる音楽なのだから、きっと、ゆったりとしたピースフルな感じなんだろうな、と思いきや、なにこれ、カッコいい!

早速、聴いてみてください。

これ、葉っぱで作った音楽だよ、といわれてもにわかに信じられません。どんな音が出るのか、他にも色々なモノで試してみたくなりますね。

Duet for Leaves&Turntable [Behance]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense