東京メトロ副都心線との相互直接運転開始に伴い、東急東横線旧渋谷駅が85年の歴史に幕を下ろしたのは3月15日のこと。かまぼこ型の駅舎が名残惜しくて、お別れに行った方もいるのではないでしょうか?

その後、期間限定の大規模イベントスペースSHIBUYA ekiatoに変身した渋谷駅舎跡地ですが、いよいよゴールデンウィークと共に本当のファイナルを迎えます。5月1日(水)〜5月5日(日・祝)まで開催されるのは、「Shibuya BEER Terminal ‒Shibuya DRY-DOCK 5DAYS」。思い出の駅舎が巨大なビアフェスタ会場に変身します!

現役時代の雰囲気を大切に、できるだけホームを加工せず、慣れ親しんだ駅でビールを楽しむことができるこのイベント。国内大手ビール会社から1社2種、海外大手ビール会社5社(意外と知られていないベルギーのステラ・アルトワの樽詰めなど)、国内クラフトから複数の地ビールなど、全30タップ(予定)の個性あふれるビールが1杯500円で楽しめるそう。

ちなみに“ターミナル”は、終着や始発の駅にしか使えない言葉。東横線旧渋谷駅は、ローマやミュンヘンと並ぶターミナルの代表格だったのです。この連休は、思い出をおつまみに美味しいビールを飲みながら、長年お世話になったかまぼこ駅舎に最後のお別れをしましょう。カンパーイ!

Shibuya BEER Terminal ‒Shibuya DRY-DOCK 5DAYS
期間: 2013年5月1日(水)- 5月5日(日・祝) 12:00 – 21:30(5日のみ19:30まで)
場所: SHIBUYA ekiato

Shibuya BEER Terminal ‒Shibuya DRY-DOCK 5DAYS [SHIBUYA ekiato]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking