SHARE

子供の頃、天文少年だったFP山崎(@yam_syun)ですが、あこがれだった反射望遠鏡を買ってもらえなかったのは今でも心残りです。最近だとデジカメを自動追尾させて簡単に天体写真が撮れるキットがあって、いつかは子どもを連れて天体写真撮りに行きたいと思っています。

今回は、さわやか天文部ラブコメ『宙のまにまに』のヒットで有名な柏原麻美さんが出した短編集を紹介します。これがもう、さわやかな絵柄で素直にぐいぐい引き込んでくる恋愛マンガ(ただし百合)となっています。

■届かない遠くを見据える高校生の姿にぐっとくる

『宙のまにまに』は気がつけばヒットしていて、読み逃した作品なのですが、アニメを見ていてさわやか展開にグッときました。いつか時間ができたとき、一気読みしようとストックしてある作品のひとつです。

そんな柏原麻美さんが一迅社から4編の読み切り短編集を出してきました。しかもガールミーツガールな展開とくればこれは気になるところです。タイトルもいい。『少女惑星』なんて!

そう、高校生はひとりひとりが世界の中心であって、実は手に入らない遠くの世界を観測してるようなものです。

つかもうとしているのは、勉強やスポーツで近づこうとする夢かもしれないし、ほんの近くにいる誰かの心かもしれません。うまくいくことよりも、うまく行かないことの方が多いことを知るのが、中学生や高校生の世界です。

そんな世界はいつも、気持ちが揺れ動いているからこそ、中高生は“絵”になります。

■惑星と同じ数の女の子がめぐりめぐり、涙する

タイトルに掲げた『少女惑星』が示唆するように、登場する女の子の名前には惑星のキーワードが使われています。惑星がぐるぐる巡り、近づいたり離れたりするように、登場する女の子たちの距離も縮まったり遠ざかったりします。

しかし、惑星が太陽の引力から離れることができないように、それぞれの女の子もエンディングへと向かっていきます。そのとき、いずれのストーリーにおいても女の子が涙をこぼす姿が描かれ、その泣き顔や台詞にグッときます。

まじめに、そして真剣に、相手のことを考えるからこそ、涙を流してぶつかりあったりする。でもそれが中高生の特権でもあります。(あと、女の子の特権でもあると思う)

とはいえ、涙がやるせないエピローグの導線になることはなく、すべてのエピソードは気持ちの良いエンディングにつながっていきます。作者の絵柄のやさしさが、そのまま読後感の心地よさにつながっていて、とても気持ちよく読める一冊になっています。

『宙のまにまに』ファンにも、未読で「実は読みたかった!」という人にもオススメできる一冊です。シリーズの途中から手を出せなかったけれど、実は読みたかった作家さんを知るうえでも、短編集は本当にいいですよね。

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense