これは面白い!

数多くのCMを手がけるスウェーデン人監督、Jesper Ericstam氏。そんな彼の新作イケアCMがこの「Beds for Life」。

生まれた瞬間からずっとお世話になる家具といえば「ベッド」。このCMはある男の子がベッドとともに成長していく様子をコメディータッチの映像で表現。

なんだかグッときます。

赤ちゃんベッドから、伸縮する子供ベッド、それが小さくなると今度は2段ベッド。そして男の子は成長して一人部屋でシングルベッドを与えられ…。と、男の子の成長とともに変化していくベッド。最後は、かつて自分の父がそうであったように、生まれた赤ん坊のベッドを揺らしているというもの。

70~80年代、そして現代まで、映像の隅々にちりばめられている時代を映す小物やファッションたちがとても素敵な雰囲気を作っています。

1分15秒という短い中に家族の暖かさや人生の喜びをギュッと凝縮。全てのカットが無駄なく、とても愛らしい作品に仕上がっています。見る度に新しい発見があるので、何度も見たくなりますね。

IKEA “Bed For Life” by Jesper Ericstam [vimeo]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking