写真家のEarnie Buttonさんがウイスキーを呑み終わったグラスをそのまま食器洗浄器の中に放って置いて発見した不思議な模様。

食洗器の中に放置していたグラスの底に何かあるな、と気がついて、光をかざしてよく観察してみると、チョークのような粉っぽい感じのレースのような模様ができている。これは、と思ったButtonさん、写真に収め始め、もう6年が経つそうです。

かれこれ撮った写真の数は75枚ほどあり、今も続いているプロジェクトです。

Buttonさんの作品たちの特徴は、日常のなんでもないものの中に芸術を見出すようなところ。まさしくこのシングルモルトの織り成す模様は日常の中で流され、消えて、埋もれてしまう現実。こんなに身近なところに神秘が広がっていたなんて。

興味が増したButtonさんは、実験的に、かざす光の色を変えてみたりしてみたところ、神秘的な感じはさらに増して、宇宙のようになったとか。

今では、終わるどころか、乾いていく間にグラスを少しづつ動かしてみたり、違うシングルモルトウィスキーを使ってみたり、と広がりをみせているプロジェクトです。


そして、なんとButtonさんのウィスキー写真は科学にも影響を与え、プリンストン大学のHoward Stone教授が研究を始めるまでに。違う種類のウィスキーが違う形で蒸発することについて、Stone教授と彼の元で働くポスドク(博士課程終了後研究をする人)研究者と一緒に研究しているそうです。

この5月には、スコットランドで行われるThe Islay Festival of Music and Maltにまで旅してしまった写真達。いくつかこちらのフェスティバルでも紹介・展示されています。

今後もっと面白い作品がどんどん生まれ、科学の進歩にも貢献して、新しい話を提供してくれそうですね。

The Wonderful World of Whisky Art [npr]
[Earnie Button]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking