SHARE

都会の谷間を歩きながら、ふと見上げると、ビルとビルの間に青い空が。

まさか、その限られたスペースがキャンバスとなってこんなユニークなアートが生まれるとは驚き。Thomas Lamadieuさんの「SkyArt」という作品です。



ビルの輪郭に囲まれた空。その形を見て、「何かに似てる」「何かの形みたい」と思うことってありますよね。そう、空に浮かぶ雲を見て様々なものを想像するみたいに。



どことなく人の形に似てるな、どことなく動物の形に見えるな。そんな印象を、そのまま描いてしまったこれらの作品。実に独創的ですね。



空に限らず、「輪郭」を使ってユニークな世界を描いてしまいます。きっと彼にとっては街の中で見掛けるすべてのものがインスピレーションの源なのでしょう。アーティストってすごい!



ネタ元サイトにはまだたくさんの作品が掲載されていますので、ぜひご覧ください。

SkyArt [ROOTS ART]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense