SHARE

子どもにワクワクや楽しさ、悲しさ、教訓などを教えてくれる絵本。大人も子どもも楽しめる絵本を紹介していきます。

第23回は、作、絵:五味太郎『きんぎょがにげたです。1982年の初版です。

金魚鉢から逃げだした金魚は、いろいろなところに隠れます。カラフルな世界で、金魚はどこにいるのか探す、絵探しの本です。

「こんどは どこ」のセリフと同時に絵本のページをめくり、五味太郎さんのカラフルな世界の中で、カーテンの柄だったり、キャンディの中に隠れたりしている金魚を発見すると、子どもたちはとても大興奮。幼稚園や保育園でも人気の絵本です。

絵を眺めたり金魚を探すことが楽しめる絵本で、1歳、2歳頃から、金魚を「認識」して「探す」という絵探し体験ができるんです。英語版もありますよ。

金魚以外にもいろいろな物が描かれているので、物の名前を覚えるのにもよいかも。何かを発見するという喜びを味わえる本。おとなもきっと、何かを探したくなるに違いありません。

さすがの五味太郎ワールドです!

「きんぎょがにげた」 作・絵: 五味 太郎 [福音館書店]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense