SHARE

18世紀に建てられた複合アパートをリノベーションして、とんでもなく明るい住まいにしちゃいました!



どれぐらい明るいかというと、1階から2階のお部屋が丸見えなくらいに明るいんです。だって、天井が透け透けのガラス張りだから。絶対に着る服を選んじゃうよね。



パリにあるこちらの住まいは、なんと築200年にもなる建物を改装したもの。ライムストーンの壁とオーク材の梁(はり)を活用し、たくさんあった部屋をつなげ、天井や屋根の一部までガラス張りにして、開放的すぎる空間にしてしまいました。



フランスのアトリエ・スタジオAteliers Michael Herrmanのリフォーム作品です。



太陽の光が屋根から1階まで届くという明るさと視覚的な一体感が魅力。そこにインナーガーデン、メタルの手すり、ウッドな柱や梁がそろえば、居心地いいに決まってますよね。賛否両論は避けられない気もしますが。

素敵なインテリアがとても参考になります。ぜひネタ元サイトにある他の写真もご覧ください。

Apartment Madeleine by Ateliers Michael Herrman [via Design ruiz]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense