SHARE

売ってたら、ちょっと欲しい。

「新しいダイニングテーブルが必要だから、作っちゃいました。私たちってそういう種類の人間なんです!」なんて言い切っちゃっているWindell Oskayさん。Evil Mad Scientistというサイトも運営されていて、さまざまなものを作ってしまっています。

このLEDテーブルは2006年に制作しましたが、当時、各メディアに取り上げられたほどの人気っぷりでした。今でも「欲しい!」という方がいらっしゃるようです。



LEDはアナログコンピュータネットワークで制御され、ピカピカと点滅したりインタラクティブに反応したりしている様子が動画からも分かります。

DIY好きな方、ぜひチャレンジしてみて欲しいです!

Interactive LED Dining Table [Evil Mad Scientist]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense