林 美由紀

林 美由紀

6

満天の星空だったり、オーロラを眺めながら眠ることができる、そんなロマンチックなホテルに、一度でいいから泊まってみたい。世界には、まだまだ雄大な自然を満喫できるホテルがあるものです。

今回ご紹介するのは、以前ルーミーでご紹介したキリンがウロウロしているホテルと同じ国ケニアから、「Loisaba」というホテル。

このホテルが素敵なのは、周りに何もないこと。何もないからこそ、広い空から地平線に落ちていく太陽の姿や空の色の変化、それに、奥行きのある星空を間近に感じながら、眠りにつくことができそうですね。



どこまでも続く、空と大地。



プールだって、大地と一緒。



お食事は外で。

大地の上に立ち、あるがままの地球の営みを感じることで、きっと、何か見えることがあるに違いありません。

私たちはちっぽけだ。何をクヨクヨ悩んでいるんだろう、なんてね。

[Loisaba]

林 美由紀

FMラジオ放送局、IT系での仕事人生活を経て、フリーランスモノ書き。好きなものは、クラゲ、ジュゴン、宇宙、絵本、コドモ、ヘンテコなもの。座右の銘は「明日地球がなくなるかもしれないから、今すぐ食べる」。モノを書く以外にも、イラストレーターと合同でカフェでの作品展示など、形にとらわれない創作活動も。木漏れ日の下で読書と昼寝をする生活と絵本に携わることを夢見て、日々生きています。子は男の子2人。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking