空を自由に飛びたい、という夢をかなえてくれるドラえもんの『タケコプター』は、本当にあんな気軽に飛べるんでしょうか。

そんな疑問が、「Remote Control Spaceman」というラジコンのオモチャで解けてしまったような気がします。


本体は宇宙飛行士がモチーフ。頭上にプロペラがついていて、これが回転して空を飛びます。手元のリモコンで操作ができるようです。

左回りと右回りの2基のプロペラがあり、その回転によって飛ぶわけですが、当然、風圧バランスというのは完璧ではないわけで、風による“回転方向”には偏りが生まれます。

すると、何が起きるのでしょうか。動画を見ると一目瞭然。

そう、固定する支点が無ければ、プロペラの回転力に対する反作用でボディー自体が回転してしまいます! だから通常のヘリコプターにはテールローターというプロペラがあるんですね。

互い違いの2セットのプロペラでこうなるということは、秘密道具の『タケコプター』みたいなのだと首がとっても痛いことになるということ…。恐ろしいかも。

それはそれとして、このリモコンスペースマンも楽しそうですよ。

Remote Control Spaceman [MoMA STORE]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense