SHARE

少しずつ寒さも和らぎ、風を感じながら自転車でお出かけするのにもいい季節がやってきました。

そんな今の季節にもピッタリな、お散歩をしながらできるアート活動をご存知ですか?

nav-u U35」という自転車に取り付けることができるパーソナルナビゲーションデバイスを使って東京の路地を走ると、地図上に動物が浮かび上がるというお絵かきプロジェクトTokyo Zoo Project」。

どうやらもう既にいくつもの動物たちの巨大地上絵が東京に出現しているのだそう。



ライオンです。貫禄がありますね。



シマウマは、しましまにもこだわっています。



こちらは、ウサギとカメ。カメの甲羅でウサギが眠っているようです。



キリン。まるでキャラクターのようにかわいらしい姿。

お絵描きの方法としては、まず地図を広げて道を結んで絵を描いていく。そして、実際にその道を自転車で通れるかなどシミュレートする。最後にGPSやデバイスを搭載した自転車に乗って、地図でチェックしたポイントを目指して、路地を走る。その軌跡をたどると、地図上に地上絵ができあがるのです。

今まで知らなかった風景や路地を発見したり出会いがあったりと、みんなでワイワイ楽しく遊べそう。

装備も手軽なところがいいですよね!

公式サイトでは、動画やルートをたどったりもできるようになっていますので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

地図をキャンバスに、さあ、どんな絵を描きましょう。

Tokyo Zoo Project

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense