みんなで一斉に色の着いた粉を頭上に放ち、その瞬間、世界はカラフルに

インドやネパールの賑やかな春祭り。もともと豊作祈願の祭りだったホーリー祭(Holi)ですが、悪魔祓いの伝説などが混ざって現在のような形式になったとされています。



今ではこのHoli祭りは、世界中で「Festival of Colors」として開催されるほど大きなお祭りとなっているようで、世界中からパフォーマーも含めてたくさんの人が集まるようです。



コーンスターチや他の食品等級の染料や香り成分によって作られた、パープル・グリーン・イエロー・ピンク・オレンジの5色のカラーパウダーがそれぞれ2ドルで入手でき、2時間に一度、一斉に投げるパフォーマンスもあるのだとか。



かなり粉が舞いますからね、遠くから見て楽しむという方も多いようですが、中に入って粉をかけ合う参加者たちは物凄い盛り上がりよう。音楽ステージも設置されていてライブ演奏もあります。歌ったり踊ったり。



どんなお祭りの様子なのか、動画も公開されていますよ。

実は日本でも初めて、2013年4月12日から14日にかけて、横浜赤レンガ倉庫のイベント広場で「インドを体感できる3日間」としてこの祭りが行なわれるそうです。粉まみれになっちゃうんでしょうか、凄いですね。

知らないお祭りってたくさんあります。Wikipediaでも説明されていますが、ホーリー祭の意味や由来などについての詳細についてもぜひご覧ください。

[Festival Of Colors]
[Holi Festival of Rainbow in Yokohama2013 by JIPYokohama]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking